So-net無料ブログ作成
検索選択

夢の島熱帯植物館(2) [公園]

 

夢の島熱帯植物館の花たちです!

カトレアの花

夢の島3-11.JPG

夢の島3-10.JPG

ムシトリスミレ (食虫植物)

夢の島3-3.JPG

モウセンゴケ (食虫植物)

夢の島3-4.JPG

マスデバリア (らん科)

夢の島3-1.JPG

ベニ ヒモノキ

夢の島3-5.JPG

アマゾンリリー (ヒガンバナ科)

夢の島3-6.JPG

エビデントラム (らん科)

夢の島3-7.JPG

コエビソウ

夢の島3-8.JPG

サポジラ (別名 チューインガムノキ)

夢の島3-2.JPG

ゾ ウ タ ケ

直径30センチ 高さ30メートルの巨竹

夢の島3-9.JPG 


nice!(13) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

夢の島熱帯植物館 [公園]

2月開催された「世界らん展」は、

大雪のため見に行くことができませんでしたので、

夢の島熱帯植物館に蘭を眺めに!

らんの花たち

夢の島2-1.JPG

夢の島2-10.JPG

夢の島2-3.JPG

夢の島2-12.JPG

夢の島2-11.JPG

夢の島2-9.JPG

夢の島2-8.JPG

夢の島2-2.JPG

夢の島2-4.JPG

夢の島2-6.JPG

夢の島2-7.JPG

夢の島2-5.JPG

続きます!!

 

3月1日(土) のど自慢チャンピオン大会(NHK)に

行きましたが

テレビにアップされませんでした。


タグ:夢の島 らん
nice!(7) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

夢の島公園(東京都) [公園]

 

大雪の除雪も終わりましたので、

夢の島公園」(東京 江東区)を歩いて来ました。

夢の島公園は、ゴミの埋め立て処分地に整備された公園です。

広さは43haで、公園内には東京スポーツ文化館、第5福竜丸展示館、

東京都陸上競技場、多目的コロシアム、バーベキュー広場、

熱帯植物館 などの施設があります。

新木場駅から10分?

夢の島1.JPG

公 園 内

夢の島2.JPG

公 園 内

夢の島3.JPG

夢の島熱帯植物館

夢の島4.JPG

第五福竜丸展示館内部

夢の島5.JPG

夢の島マリーナ! 東京スカイツリーも見えます!

夢の島6.JPG

公園内の花たちも咲き始めてます

夢の島7.JPG

夢の島9.JPG

夢の島8.JPG

夢の島10.JPG

夢の島熱帯植物館の、花たちの紹介は次回に!

 

 


タグ:公園 夢の島
nice!(9) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

旧安田庭園に遊ぶ [公園]

[exclamation×2] 

都会の片隅にたたずむ、和みの庭園を訪ねました。

墨田区の両国国技館に隣接する、小さな「旧安田庭」です。

昔は、大名屋敷であった場所で、

安政年間に隅田川の干満を利用した庭園として整備され、

明治になって、旧安田財閥安田善次郎の所有となり、

大正11年東京市に寄贈、墨田区が管理しています。

安田庭園1.JPG

旧安田庭園  ↓ 庭園に旧両国公会堂が隣接しています 

安田庭園2.JPG 

     心 字 池    ↓   外国人の観光客がたくさんいました

安田庭園3.JPG

          庭園の水仙も綺麗

安田庭園4.JPG

       園内から、両国国技館を眺める

安田庭園5.JPG

    雪見灯篭から、庭園と両国国技館を眺める

安田庭園6.JPG

この庭園は「潮入回遊式庭園」として整備され、隅田川の干満の差を

利用し池の水を上下に変化させ、その水位の差により池・石組などの

景色に変化をあたえ、また、島の浮き沈みなど眺めの変化を鑑賞する

造園手法を用いています。

このような潮入の池をもった庭園は、「旧浜離宮恩賜庭園」

旧芝離宮恩賜庭園」「清澄庭園」がありますが、

海水の汚れにより、いずれも水門を閉じてしまったため、

潮入は見られません。

ここ「安田庭園」も、 直接の潮入は中止されていますが、

潮入を再現するため、

水量800トンの地下貯水槽をつくり、これを利用して池の浄化

人工的に干満を行い 潮入を再現 しています。

「無 料 開 放」 の庭園です!

  

 

 


nice!(6)  コメント(5) 
共通テーマ:地域

回遊式林泉庭園に遊ぶ! [公園]

[晴れ]

東京 江東区にある「清 澄 庭 園」を歩いて来ました。

泉水に映る、歴史と名石と緑の「回遊式林泉庭園」を

楽しみ、心が癒されました。

清澄6.JPG

涼 亭」 数奇屋造りの国賓用の建物。  ↓

清澄14.JPG

江戸の豪商、紀伊国屋文左衛門の屋敷跡と伝えられる。

享保年間(1716~1736年)には、

下総国 関宿の城主久世大和守の下屋敷となり、

明治11年(1778年)に岩崎弥太郎が、

社員の慰安や貴賓の招待する場所として造園したところ。

清澄15.JPG

東京湾の干満の差が影響する隅田川の水を引いた

大泉水をはじめ、築山、枯山水を中心に、

周囲を全国から取り寄せた名石を配し、

明治を代表する「回遊式潮入林泉庭園」として、

美しい たたずまいを現在に残しています。

現在は、隅田川からの引水を止めているようです。

清澄10.JPG

清澄7.JPG

庭 園 の 風 景

清澄9.JPG

清澄12.JPG

福 寿 草の花も綺麗に咲いて!   ↓

清澄1.JPG

岩崎家が自社の船で、全国から集めた「名石」が、

庭園内にたくさん配置されています。

清澄16.JPG

大 正 記 念 館」  ↓  大正天皇の葬儀に用いられた葬場殿を

移築したのが始まりで、

現存する記念館は、平成元年全面改築されたもの。

清澄8.JPG

磯 渡 り」     ↓  

満々と水をたたえた池の端に、石を飛び飛び歩けるようになっています。

池の魚や水鳥、池面に映る木々の緑など楽しめます。

清澄13.JPG

水 仙 も 咲 い て !

清澄3.JPG

梅 も 咲 い て !

清澄4.JPG

   東京都に寄贈されています。

   入園料、一般 150円

        65歳以上 70円(小学生無料、都内の中学生も無料)

        70円で入園しました。有難うございます!


nice!(11)  コメント(9) 
共通テーマ:地域
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。